性病のための抗菌剤、抗ウイルス剤

▼こちらのサイト様も参考になります。
性病治療薬の通販

性感染症(性病)には様々な種類が存在します。
性病はその性質から恥ずかしさが有ったり、相談しにくかったりして放置したままどんどん病状が悪化、進行してしまうケースも少なくありません。
また、性行為を行っていなくても、オーラルセックスなどでも感染する事があるので、違和感を感じたりしたらなるべく早く病院に行く事が大切です。
性病は感染者からさらに感染を広げる可能性もあるものなので、放置しておく事は非常に危険です。
性病には大きく分けてウイルス感染のものと、最近などそれ以外の原因によって発症するものがあります。
ウイルス感染によるものの代表的なものとしては、単純ヘルペスウイルスを原因とするヘルペスや、ヒト乳頭種ウイルスを原因とする尖圭コンジローマ、B型肝炎ウイルスを原因とするB型肝炎などです。
ウイルス感染によるものの治療は、抗ウイルス剤などで治療します。
エイズもウイルス感染によるものですが、最近では発症を遅らせる薬も発達してきています。
抗ウイルス剤とは別に抗菌剤という薬もあります。
抗菌剤は、抗生物質や抗生剤などとも呼ばれています。
抗ウイルス剤はウイルスの繁殖を阻止する薬ですが、抗菌剤は細菌を殺したり増殖させない薬となります。
抗菌剤を治療に使用する性病としては、クラジミジアや淋病などが代表的です。
また、尿道炎や膀胱炎などの治療にもよく使用されます。
抗菌剤は薬をしっかりと飲み切る事で効果が得られるものです。
ニューキノロン系の抗菌剤は淋病に効果がありましたが、症状が出なくなると服用をやめてしまう人が多く、耐性を持った菌になってしまい今ではほとんど効果が無いとされています。
性病には適切な薬で早めの治療が重要です。