性病やがんの予防と亜鉛の効果

亜鉛は人間の健康を維持するために必要なミネラルで、爪や髪の毛などの成長に欠かせない成分となっています。仕事のストレスなどでビタミンCと亜鉛が失われやすいので、爪が割れやすくなったり、細い髪の毛が増えた場合などにはサプリメントなどで亜鉛やビタミンCを補給すると症状が改善します。また亜鉛が不足すると味覚障害になるので、甘さや塩辛さなどの区別が付きにくくなったらすぐに亜鉛を摂取する必要があります。がんは体内の免疫力が低下していると少しずつ進行する病気で、自分の体の細胞ががんになるので放射線や抗がん剤による特別な治療が必要とされます。放射線による治療はがん細胞に直接放射線を照射することによって、細胞を死滅させることができるのですが、がん細胞が増殖した状態の場合は抗がん剤を併用して治療を進めていきます。性病は世界的にも増えつつある感染症で細菌が原因のものとウイルス性のものに分類されますが、細菌性のものは抗生物質によって完治させることができるので、重症化するリスクは比較的低いとされていますが、HIVなどのウイルス性の性病に関しては抗ウイルス薬を服用し続けなければならないので、体に対する負担が大きくなります。日本では梅毒患者が増加していて注意喚起がされていますが、とくに女性の場合には不妊の原因になるので不特定多数のパートナーとセックスをしている場合には性病の検査を定期的に受ける必要があります。性病を予防するためにはコンドームが効果的ですが、セックスの最初の段階から装着していないと粘膜が接触してしまうのであまり効果が発揮できません。またクラミジアなどは粘膜の接触で感染する性病ですが、風呂場のタオルなどで細菌性結膜炎に感染する場合があります。