性病を予防するために蜂蜜で体力をつける

性病はその原因となる性行為をしなければ防ぐことができます。またウイルスが増殖することで発症するので、体力が十分にある人は性病になるリスクを減らすことができます。体力が低下していると性病にかかりやすいことは確かなので、健康でいることは重要です。体の免疫力を高めるためには、日々の食事を管理しなければなりません。いつもの食事に蜂蜜をプラスするのがおすすめです。1万年前から採取されており、古代ギリシャでは傷薬として使われていました。蜂蜜で体力を回復できるのは、殺菌作用のあるグルコン酸が含まれているためです。蜂蜜を食べると痰の切れが良くなるので、欧米では子供が喉が痛いと言えば、蜂蜜入りのキャンディを舐めさせます。さらに肝臓を強化するコリンやパントテン酸も含むため、免疫力がアップします。寝る前にティースプーン1杯分を、牛乳やヨーグルトと一緒に摂取します。注意することは、加熱をしないことです。体力の増強に必要な酵素や乳酸菌は、45℃以上になると破壊されて効果がなくなります。よって生蜂蜜は熱い飲み物に混ぜないようにします。日本では蜂蜜の95%を輸入しています。国産のものでも人工のエサを与えたり、完熟する前に採取して高温加熱処理をすることが多いので、栄養が豊富な天然のものは流通量が少ないです。非加熱のものは高価ですが、体には良いので性病予防に購入するのが良いです。国産でなくても、ジャングルハニーという天然の蜂蜜はあります。ナイジェリアの熱帯雨林で野生のハチが集め、自然に凝縮されたものです。現地のシャーマンはかつてジャングルハニーを王様の健康維持のために推奨しており、現在でも食べるだけでなくボディパックに使っています。